2011年11月08日

「人は見た目が9割」を読んだメモ

人は見た目が9割 (新潮新書)人は見た目が9割 (新潮新書)
竹内 一郎

女性も見た目が9割 (マガジンハウス文庫 た 2-1) 頭がいい人、悪い人の話し方 (PHP新書) マンガ入門 (講談社現代新書) 99・9%は仮説 思いこみで判断しないための考え方 (光文社新書) バカの壁 (新潮新書)


舞台演劇や俳優教育を長年携わってきた人が書いた本。

人が人を判断する材料として、単なる見た目のルックスだけでなくて、
仕草や表情、声のトーンなど含めての見た目の情報を9割の比重で信用する。


言葉は一割にしか満たない。いかに言語(バーバルコミュニケーション)よりも
言語外メッセージ(ノンバーバルコミュニケーション)に頼って判断しているかという話。

マンガや演劇についての表現方法が例としてふんだんに取りあげられている。◆気になるので続きを読む!
sponserded link
タグ:演劇 マンガ
posted by ekaki at 16:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | 本/読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
最近の記事
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。